仕事が少なくてね、小遣い稼ぎに「香典帳のリストをExcelデータに起こして、喪中ハガキに宛名印刷」というのを引き受けたんすよ。

IMEの変換辞書を「人名・地名」にしとけば、郵便番号を変換して住所が出てくるから入力なんてたいした事ないし、「Excelのデータを呼び出してwordでハガキに差し込み印刷」なんて児戯だよ児戯。宛名書きソフト?いらんよそんなもんっと軽い気持ちでね。

ところで北海道の郵便番号は「0」から始まる。士別市なら095-****だ。Excelでは文字列として入力しないと95-****に変換されてしまう。そこでExcelの便利な機能にハイフン無しで7桁の数値を入力すると郵便番号として表示してくれる書式設定があるんだよね。なんて便利なんでしょ♪
今回はこれがガンだった。書式設定云々がわかっているなら、郵便番号はおとなしく「文字列」として入力するべきだったのだ・・・

「0950045」は確かに「095−0045」と表示される。しかし札幌の一部「0070844」とかは正しく表示されなかったのだ。ここでせっかくExcelから「このまま進めるとまずいかもよ?」とヒントをもらったというのに「まいっかー、この手の番号は手書きでやれば。札幌は件数少ないし・・・」と「700件」入力終了。

・・・・wordではExcelの「郵便番号」書式設定をサポートしていなかったのだよ。

士別市で行われたお葬式なわけだから香典帳のほとんどは士別市民。Excelで095−****と表示されていた郵便番号は、wordでは「数値」として扱われ、すべからく95*ー****に・・・・そういう事は起こり得ないと信じ込んでいたから書体やレイアウトを整えるだけでそのまま印刷を進め、ハッと気が付いた時にはすでに300件を印刷した後・・・・

ひどいよ・・・「095-0475」は「950-0475」だし旭川の「078-1316」なんか「781-1316」「070-0876」は「700-0876」・・・・ちょっ、おまっ!勝手に番号作ってんじゃねーぞ(怒髪)!!!(ぜひ同じ条件で追試実験を♪)

してその300件はどうしたか?というとごらんのように番号ラベルを作って対処。動揺を抑えきれなかったのな(笑)やらんでいい番号も入っている。
残りの400件は郵便番号を文字列で打ち直して印刷。


300件もミスったという事で作業代は半額に・・・あいたたた。